×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

不動産賃貸仲介業者とは?

不動産賃貸仲介業者とは、ご存知の通り一般的には不動産屋と呼ばれる不動産業者と呼ばれる業者のことを指します。不動産賃貸仲介業者は、主に家や土地などの不動産の貸し借りの仲介を業務として成り立っています。
不動産賃貸仲介業者の業務内容は、まず賃貸物件の持ち主から物件を預かることから始まります。そして、インターネットや広告、事務所などを介していろいろな手段を駆使して借り手を募ります。そして、不動産賃貸を探している人がいれば、なるべく希望する条件に適した物件を紹介して借り手が決まった時点で賃貸借契約を結びます。そこで仲介手数料が発生するため、それが不動産賃貸仲介業者の収入となります。
不動産賃貸仲介業者にも大別して2つのタイプに分けられることができます。1つ目が、「元付け業者」と呼ばれる貸す側の事情に通じているタイプです。2つ目が、「客付け業者」と呼ばれる借りる側に重視するタイプがあります。もちろん、どちらにも精通する業者も存在します。どちらが良いとも断言することは出来ないのであなたの今の現状と不動産賃貸にどのように接するかにより使い分けると効果的に探すことが出来るでしょう!!

不動産賃貸仲介業者の選び方

不動産賃貸仲介業者を利用すると不動産の売買や貸借の場合には、手数料がかかってしまいますが、その分契約が簡単に運ぶことが出来ます。一見、業務内容は一緒だけれど不動産賃貸仲介業者によってもその内容が大きく異なるので、業者選びは大変重要です。
それでは、いったい何が異なるかと言うと先程も述べましたが、不動産賃貸仲介業者には不動産のオーナー寄りである貸す側を重視する「元付け業者」と借り手側を重視する「客付け業者」があります。
地元に密着した不動産賃貸仲介業者に多いタイプが「元付け業者」です。物件や周囲の地理・環境などの情報も豊富で、オーナーさんとも密接な関係があることが多く住居を借りる場合などは、このタイプの不動産賃貸仲介業者から紹介してもらえると後々何かと安心ですし、家賃の交渉なども有利かも・・・!?
駅前など、人の出入りが多い場所に店を構えて、初めてその周辺を訪れる人にとっては比較的入りやすい店構えになっていることが多いのが「客付け業者」です。このタイプは、「元付け業者」とことなりオーナーさんや地域の詳細はわからない分、扱うエリアが広く接客にも力を入れている所が多く相談もしやすい傾向があります。住みたい場所があいまいな場合やオーナーさんや地域の詳細はあまり関係ない場合には利用しやすい不動産賃貸仲介業者と言えます。

不動産賃貸仲介業者の傾向

不動産賃貸仲介業者は、自分の目的に合った選び方をすることをオススメします。
不動産賃貸にも支店をたくさん持つ大きな会社や地域密着型の小さな会社などいろいろ存在しますが、それぞれにちょっとした傾向があります。
いくつもの支店を持つような不動産賃貸会社にある多くある傾向ですが、一般的に賃貸仲介に力を入れている会社が多く、広範囲の不動産の情報を所有し取り扱っている物件もたくさんあるので単に物件を比較検討するのには良いメリットがあります。しかし営業社員の入れ替わりが激しいことも多く、そのため一概には言えませんが営業担当者が地域情報などの情報に精通していない場合も多い傾向にあります。加えて家賃などの交渉も難しいかもしれません。
一方、小さい不動産賃貸会社の傾向は、昔から地域密着型の会社で少人数で営業しているため、その地域周辺の情報にも詳しく、タイミングが良ければ掘り出し物件も見つかる場合もあるようですよ♪

Copyright © 2008 不動産賃貸仲介業者の賢い選び方
06/14 のラッキーページは 不動産賃貸仲介業者の賢い選び方  [ページ一覧]